受注伝票の動きについて

受注伝票の動きについて【200-27】

確認や入金処理が必要な伝票は、自動的にステータスが前に進まない仕組みになっています。

伝票の確認方法についてお伝えします。

[確認待ち]ステータスの操作手順




(1)[受注確認内容設定]を設定している場合、その条件に合った伝票は[確認待ち]ステータスに止まります。

(2)その場合は[確認待ち]の件数をクリックして一覧を表示し、伝票を開いて、確認すべき内容を処理してください。

(3)処理が完了したら、[確認チェック]>[伝票更新]をしてください。これにより納品書の印刷対象になります。
※そもそも確認が不要な伝票はすぐに印刷対象になります。 

※いつまでも[印刷待ち]にならない場合は伝票を開いて[アシスタント]をご覧ください


ワンポイントアドバイス
確認チェックを付けても確認内容のメッセージが消えることはありません。



各ステータスに伝票が移動する条件