ページ管理‎ > ‎

【楽天】任意のフォルダを指定した画像URLの生成

【楽天】任意のフォルダを指定した画像URLの生成【209-115】

この設定は何のためでしょうか?

基本データを用いて、任意のフォルダ名を持った楽天の画像URLを生成する設定です。
この設定を行うことにより、楽天に商品のアップロード時に画像を自動的に任意のフォルダに振り分けることが可能です。

https://sites.google.com/a/next-engine.info/manual/209/209-115#1



https://sites.google.com/a/next-engine.info/manual/209/209-115#2



https://sites.google.com/a/next-engine.info/manual/209/209-115#3



共通のフォルダ名を持った画像URLを生成


【本システム画面】

1:[基本 → 楽天市場]

2:[変換定義を実行]

ワンポイントアドバイス
事前に基本の商品の画像URL1-9(任意)に画像の
ファイル名(例:gazou1.jpg)の登録が必要です。
※クリックすると拡大します
3:画像URL1の[定義編集]
※クリックすると拡大します
4:変換元の項目:空欄


5:変換パターン1:画像URL生成(Rakuten固有処理)


6:右記【】内の値をコピーしてください。 値【|1-9】

※基本の画像URL1-9のうち、楽天に使用したいものを指定します。
1から5を指定する場合は"|1-5"、1と3と5から9であれば"|1^3^5-9"とご入力ください。


7:変換パターン2:文字列を追加[最初に]


8:下記【】内の値をコピーしてご入力ください。

値【http://image.rakuten.co.jp/店舗アカウント/cabinet/共通のフォルダ名/】
※上記値の「店舗アカウント」に店舗のアカウント名、「共通のフォルダ名」に指定したいフォルダ名を入力


9:変換パターン3:置換


10:下記【】内の値をコピーしてご入力ください。
値【 ^ http://image.rakuten.co.jp/店舗アカウント/cabinet/共通のフォルダ名/】
※上記値の「店舗アカウント」に店舗のアカウント名、「共通のフォルダ名」に指定したいフォルダ名を入力


11:[登録]



12:[定義を登録]

画像ごとに異なるフォルダ名を持った画像URLを生成


【本システム画面】

1:[基本 → 楽天市場]

2:[変換定義を実行]

ワンポイントアドバイス
事前に基本の商品の画像URL1-9(任意)に画像の
フォルダ名/ファイル名(例:folder1/gazou1.jpgやfolder2/gazou2.jpgなど)の登録が必要です。

※クリックすると拡大します
3:画像URL1の[定義編集]
※クリックすると拡大します
4:変換元の項目:空欄


5:変換パターン1:画像URL生成(Rakuten固有処理)


6:右記【】内の値をコピーしてください。 値【|1-9】

※基本の画像URL1-9のうち、楽天に使用したいものを指定します。
1から5を指定する場合は"|1-5"、1と3と5から9であれば"|1^3^5-9"とご入力ください。


7:変換パターン2:文字列を追加[最初に]


8:下記【】内の値をコピーしてご入力ください。
値【http://image.rakuten.co.jp/店舗アカウント/cabinet/】
※上記値の「店舗アカウント」に店舗のアカウント名を入力


9:変換パターン3:置換


10:下記【】内の値をコピーしてご入力ください。
値【 ^ http://image.rakuten.co.jp/店舗アカウント/cabinet/】
※上記値の「店舗アカウント」に店舗のアカウント名を入力


11:[登録]



12:[定義を登録]

商品ごとに異なるフォルダ名を持った画像URLを生成

ご注意ください
この設定では、基本の画像URL1~7のみを楽天の商品画像URLに変換する設定となります。
画像URL8,9については設定できません。

【本システム画面】

1:[基本 → 楽天市場]

2:[変換定義を実行]
ワンポイントアドバイス
ファイル名(例:gazou1.jpg)の登録と、基本のスペック1(任意)に画像のフォルダ名(例:folder1/)の登録が必要です。
※クリックすると拡大します
3:画像URL1の[定義編集]
※クリックすると拡大します
4:変換元の項目:画像URL1


5:変換パターンと値を以下のように設定


変換パターン1:項目を追加[最初に]
 下記【】内の値をコピーしてご入力ください。
値【spec1】


変換パターン2:文字列を追加[最初に]
 下記【】内の値をコピーしてご入力ください。
値【http://image.rakuten.co.jp/店舗アカウント/cabinet/】


変換パターン3:条件別に値を追加
 下記【】内の値をコピーしてご入力ください。
値【"gazou_url2"^^^ http://image.rakuten.co.jp/店舗アカウント/cabinet/】


変換パターン4:条件別に値を追加
 下記【】内の値をコピーしてご入力ください。
値【"gazou_url2"^^^"spec1"】


変換パターン5:項目を追加[最後に]
 下記【】内の値をコピーしてご入力ください。
値【gazou_url2】


変換パターン6:条件別に値を追加
 下記【】内の値をコピーしてご入力ください。
値【"gazou_url3"^^^ http://image.rakuten.co.jp/店舗アカウント/cabinet/】


変換パターン7:条件別に値を追加
 下記【】内の値をコピーしてご入力ください。
値【"gazou_url3"^^^"spec1"】


変換パターン8:項目を追加[最後に]
 下記【】内の値をコピーしてご入力ください。
値【gazou_url3】


変換パターン9:条件別に値を追加
 下記【】内の値をコピーしてご入力ください。
値【"gazou_url4"^^^ http://image.rakuten.co.jp/店舗アカウント/cabinet/】


変換パターン10:条件別に値を追加
 下記【】内の値をコピーしてご入力ください。
値【"gazou_url4"^^^"spec1"】


変換パターン11:項目を追加[最後に]
 下記【】内の値をコピーしてご入力ください。
値【gazou_url4】


変換パターン12:条件別に値を追加
 下記【】内の値をコピーしてご入力ください。
値【"gazou_url5"^^^ http://image.rakuten.co.jp/店舗アカウント/cabinet/】


変換パターン13:条件別に値を追加
 下記【】内の値をコピーしてご入力ください。
値【"gazou_url5"^^^"spec1"】


変換パターン14:項目を追加[最後に]
 下記【】内の値をコピーしてご入力ください。
値【gazou_url5】


変換パターン15:条件別に値を追加
 下記【】内の値をコピーしてご入力ください。
値【"gazou_url6"^^^ http://image.rakuten.co.jp/店舗アカウント/cabinet/】


変換パターン16:条件別に値を追加
 下記【】内の値をコピーしてご入力ください。
値【"gazou_url6"^^^"spec1"】


変換パターン17:項目を追加[最後に]
 下記【】内の値をコピーしてご入力ください。
値【gazou_url6】


変換パターン18:条件別に値を追加
 下記【】内の値をコピーしてご入力ください。
値【"gazou_url7"^^^ http://image.rakuten.co.jp/店舗アカウント/cabinet/】


変換パターン19:条件別に値を追加
 下記【】内の値をコピーしてご入力ください。
値【"gazou_url7"^^^"spec1"】


変換パターン20:項目を追加[最後に]
 下記【】内の値をコピーしてご入力ください。
値【gazou_url7】


6:[登録]


7:[定義を登録]