ページ管理‎ > ‎

画像URLをファイル名から生成(Ponpare固有処理)

画像URLをファイル名から生成(Ponpare固有処理)【209-106】

これはどのような機能でしょうか?

変換対象に指定する基本の画像URL1~10と定義編集の値に入力したディレクトリでポンパレモールの画像URLを生成します。
       



操作手順









【本システム画面】

1:[基本 → ポンパレモール]

2:[変換定義を実行]

    





今回は【商品画像URL】の[定義編集]をクリック

    


 
※上図は例です。実際は貴社の運用に合った情報を登録してください。

3:[画像URLをファイル名から生成(Ponpare固有処理)]を選択 

4:生成する画像URLの情報を入力

<入力時のルール>

パイプの左側には画像を格納するフォルダ
名を入力
※ディレクトリが複数階層の場合は半角スラッシュ区切り
入力例) SubDir/image または SubDir/image|

パイプの右側には基本の画像URL1~10の番号を入力
入力例)
| 空欄 :基本画像URL1~3
| 1-10  :基本画像URL1~9
| 1-3^5 または 1-3^5 :基本画像URL1~3と5
| 3^2^1 :基本画像URL3、
2、1の順 

基本の画像URL1~10を数字の大きい順から指定する際、
ハイフンは使用できません。キャレットで指定してください。
・・・ |3-1
・・・ |3^2^1








5:[登録]

    


[定義を登録]


重要ご確認ください!


1:値に使用できる文字:| (パイプ)の左側は、文字列(半角英数字)、/(半角スラッシュ)です。
  パイプの右側は、半角
数字(1~10)、^(半角キャレット)、-(半角ハイフン)です。

2:パイプの右側に重複した数字がある場合は、1つだけ変換します。

3:変換対象は最大9つまでです。
  例:値の入力が「1-10」の場合、基本の画像URL1から画像URL9が変換対象