倉庫連携‎ > ‎

発注から仕入まで

発注から仕入まで【205-53】

発注データをYahoo!ロジスティクスに取り込む

この設定は何のためでしょうか?

本システムで発注した商品の情報をYahoo!ロジスティクスの納品予定データとして取り込むためです。

(上図12の)操作手順


 【本システム画面】 

発注書を作成

        

発注書をダウンロード


        






【本システム画面】

店舗を選択

    
※このデータは[設定]>[履歴]から再出力が可能です



出力するデータの条件を設定

    

[納品予定データCSVをダウンロード]

※このファイルは日付単位で出力されます。発注伝票毎には出力されません。

    

任意の場所に保存

    
                    

出力したファイルをYahoo!ロジスティクスに取り込む

 
Yahoo!ロジスティクスの操作方法はYahoo!ロジスティクス様へお問い合わせください。






                    

Yahoo!ロジスティクスに納品予定データが登録されます。




仕入データを本システムに取り込む(納品実績データアップロード)

この設定は何のためでしょうか?

Yahoo!ロジスティクスに仕入した商品情報を本システムにも取り込むためです。


(上図4の)操作手順




Yahoo!ロジスティクス画面】 

Yahoo!ロジスティクスから納品実績データを出力し保存

 
Yahoo!ロジスティクスの操作方法はYahoo!ロジスティクス様へお問い合わせください。


    











【本システム画面】

5:[ファイルを選択]

6:[納品実績データCSVをアップロード]

   

                    

本システムに仕入伝票が作成され、在庫が入庫されます。

重要
ご注意ください!

■本システムの商品区分が[受注発注]の商品には、納品実績データCSVのアップロードで在庫を入れることはできません。
必ず強制引当処理で引当をおこなってください。

■全て商品毎の仕入になります。 何度もファイルの取り込み登録をおこなうと、その都度仕入伝票が起票されます。       

Yahoo!ロジスティクスシステムの納品実績レポートの「商品発注番号」が、メイン機能に注残が存在する有効な発注伝票の
発注伝票番号・明細行の場合のみ、発注伝票の発注先・単価も仕入伝票に反映します。


Yahoo!ロジスティクスシステムの納品実績データを本システムに取り込むと、良品不良品の区別なく在庫が入庫されます。
不良品があった場合は、別途返品処理を行ってください。
本システムでの不良品返品処理については
コチラ
Yahoo!ロジスティクスシステムでの返品処理については、Yahoo!ロジスティクスシステム様にお問い合わせください。

よくいただくご質問
Q.納品実績データCSVファイルを間違えて2回アップロードしてしまいました。どうしたらいいですか?
A. 過剰に在庫が登録されてしまっています。在庫一括登録の機能で過剰な分をマイナスしてください。