倉庫連携‎ > ‎

楽天スーパーロジ ―運用テスト編

楽天スーパーロジ―運用テスト編【205-30】

この設定は何のためでしょうか?

楽天スーパーロジを利用する前の運用テストです。以下の運用手順をご覧いただき、各設定を上から順に行ってください。








 まずは、運用テストを行う前に、必要な初期設定を行いましょう。以下の設定を順に行ってください。

初期設定1.初期登録





ワンポイントアドバイス
上記1、2、3、5 は楽天スーパーロジ様から渡される値です

【本システム画面】

1:マーチャントID

2:認証Key

3:販売者コード

4:倉庫コードは固定で 01 と入力

5:倉庫と連携する店舗ごとにサイト区分を入力

ワンポイントアドバイス
楽天スーパーロジと連携させる新しい店舗を追加した場合は、楽天スーパーロジから新しいサイト区分を発行してもらい、本画面に設定してください

    

6:[楽天スーパーロジとの連携情報を登録]

※入力を間違えて登録した場合は、[削除] を押下後に正しい値を
  入力し登録してください。







初期設定2.ベンダー登録        ※※初期設定1.が終了してから行ってください※※


ベンダー登録とは、本システムの仕入先マスタを楽天スーパーロジに反映させる作業です。








ワンポイントアドバイス
本システムの仕入先マスタを更新した場合
本画面で[更新]を選択>更新した仕入先にチェック>[ベンダー登録] 

【本システム画面】

1:[ベンダー登録]

    
  
2:処理タイプ:[登録]

    ↓

現在、本システムに登録されている仕入先マスタの一覧が表示される

【重要】
楽天スーパーロジをお使いの企業様は、仕入先コードを必ず数値に
  してください。アルファベットが含まれているコードは不可となります。

 良い例: 仕入先コード0001(数値のみ)
 悪い例: 仕入先コードa001(アルファベットを含む)



    

3:楽天スーパーロジに反映させたい仕入先マスタにチェック

4:[楽天スーパーロジにベンダー登録]

    

その後の処理はコチラ

重要楽天スーパーロジに反映後、不要になった仕入先は、楽天スーパーロジ側で削除してください。(本システムでの削除は不可)


初期設定3.商品登録    ※※初期設定2.が終了してから行ってください※※


商品登録とは、本システムの商品マスタを楽天スーパーロジに反映させる作業です。

商品マスタの登録方法は 
コチラ





ご参考:

【本システム画面】

1:[商品登録]

2:
処理タイプ:[登録]

    ↓

3、4、5、いづれか1つの条件で楽天スーパーロジに反映させる商品マスタを抽出する

3:商品コードで絞り込みます

4:商品マスタが作成された日にちで絞り込みます

5:商品マスタが更新された日にちで絞り込みます

※1、2、3、どれか1条件でのみ絞り込み可

    

6:[楽天スーパーロジに商品登録を登録]

    ↓

その後の処理はコチラ

ワンポイントアドバイス
~本システムの商品マスタを更新した場合~
本画面で[更新]を選択>更新した商品マスタを抽出>[商品登録

重要楽天スーパーロジに反映後に不要になった商品マスタは、楽天スーパーロジ側で削除してください。(本システムでの削除は不可)

これで初期設定は完了です。以下の操作方法をご覧いただきながら、実際に操作してみましょう。



発注伝票起票 ※楽天スーパーロジに預ける在庫分の発注伝票を作成します。


【本システム画面】

https://sites.google.com/a/next-engine.info/manual/161/161-4


 
   


発注先:
プルダウンから該当の仕入先を選択

予定納期:入力必須

    

[登録]

※ご注意ください
伝票を登録しただけでは新たに発注の自動計算がかかった場合に無効となります。必ず以下の[ダウンロード]操作も行って下さい。

作成した発注書をダウンロードする ※楽天スーパーロジに入荷予定登録をするためにダウンロードします


https://sites.google.com/a/next-engine.info/manual/161/161-5

発注書のダウンロードは以上です。


入荷予定登録




入荷予定登録とは、本システムから発注した商品の情報を楽手スーパーロジに反映させる作業です。


ここで登録される伝票は以下の条件が揃った伝票です。
■発注伝票の発注状態が「発行済」であること
■キャンセルされていない有効な伝票であること
■「予定納期」が有効な発注伝票明細に1つでも設定されていること 

【本システム画面】

1:発注伝票番号で発注伝票を絞り込みます

2:指定した予定納期が入った発注伝票の明細を絞り込みます

3:作成日(発注書ダウンロードを実行した日)で発注伝票を絞り込みます

4:更新日(発注状況が「発行済み」以上の伝票内容を変更した日)で発注伝票を絞り込みます

5:[楽天スーパーロジへ入荷予定を登録]

    

その後の処理はコチラ

ワンポイントアドバイス
本システムの発注伝票の[予定納期欄]は、(最低でも1明細には)必ず予定納期を入力してください
※予定納期の記入が無い場合、楽天スーパーロジに情報が反映できません。

※1明細に予定納期が入っていれば他の明細には入力がなくても大丈夫です。

※発注伝票の中に複数の予定納期がある場合は、本日から1番遠い日付をその発注伝票の予定納期として楽天スーパーロジへ反映します。

重要伝票を登録すると、本システムでは[更新/キャンセル]ができません。ご希望の場合は楽天スーパーロジ様へご相談ください。

入荷予定登録は以上です。


入荷実績反映 ※楽天スーパーロジに入荷した商品情報を本システムに反映します。





操作手順


入荷実績反映とは、楽天スーパーロジに入荷した商品の情報を本システムに反映させる作業です。



【本システム画面】

[楽天スーパーロジから入荷実績を取得して反映]をクリックすれば完了

    ↓

その後の処理はコチラ


ボタンをクリックすると本システムの中で以下の動きが起こります。

1:発注伝票が消し込まれる
(発注伝票番号と商品コードが合致した内容に対して、発注残の消し込みが行われます)

2:仕入伝票が新規作成される

3:商品マスタに在庫が入庫される
※商品マスタの[入出庫一覧]に履歴が表示されます

ワンポイントアドバイス
■商品マスタからは1商品ずつ入出庫履歴の確認ができます 
■[分析]>[各種情報]>[入出庫一覧]からは直近3000件(集計1か月間)の入出庫履歴が確認できます。


重要こんなときは?




[楽天スーパーロジから入荷実績を取得して反映]ボタン押下後、左図のように

入荷実績がありませんでした。処理を終了します。

というメッセージが出る場合があります。


【こんなときは以下の操作をお試し下さい】
 今は入荷実績が無いので、時間を置いて再度[楽天スーパーロジから入荷実績を取得して反映]ボタンを押す


入荷実績反映は以上です。


テスト受注を入れる


ワンポイントアドバイス
本物の受注情報でテストを行うと、本システムの在庫数が不正確になります
テスト受注は必ず楽天スーパーロジから提供されるテストシナリオに基づいて作成してください。

受注伝票を[印刷待ち]のステータスまで進めて下さい。


出荷依頼登録を行う ※楽天スーパーロジに出荷依頼を行います。





※1:受注伝票有効化をご利用の場合、楽天スーパーロジ・あす楽・有効化をご利用の企業様へをご確認ください。



ワンポイントアドバイス
送り状に反映したい文言がある場合、受注伝票の[納品書特記事項]に入力してください


出荷依頼登録


出荷依頼登録とは、本システムで受注した情報を楽天スーパーロジに反映し、出荷を依頼する作業です。






【本システム画面】

 [楽天スーパーロジへ出荷依頼を登録]をクリックすれば完了です。

この操作で登録される受注は以下の条件に当てはまるものです

1:ステータスが[印刷待ち]であること
2:キャンセルされていない有効な伝票であること
3:商品マスタに発売日が設定されている場合に発売日を過ぎていること
4:納品
書印刷指示日が指定されている場合に納品書印刷指示日を過ぎていること

    ↓

その後の処理はコチラ

ワンポイントアドバイス
正常に楽天スーパーロジに反映された伝票だけステータスが[印刷済み]へ移動します。エラーが起きた場合は、以下の画面に表示されます



出荷依頼登録は以上です。







出荷実績反映





操作方法


出荷実績反映とは、楽天スーパーロジから出荷した商品の情報を本システムに反映させる作業です。




【本システム画面】

[楽天スーパーロジの出荷実績を反映]をクリックすれば完了です。

ボタンをクリックすると本システムの中で以下の動きが起こります。

1:受注伝票のステータスが[出荷済み]へ移動

2:受注伝票に配送伝票番号が反映

    ↓

その後の処理はコチラ


重要こんなときは?



[楽天スーパーロジの流出荷実績を反映]ボタン押下後、左図のように

出荷実績がありませんでした。処理を終了します。

というメッセージが出る場合があります。


【こんなときは以下の操作をお試し下さい】

1:今は出荷実績が無いので、時間を置いて再度[出荷実績反映]ボタンを押す

2:出荷不可になっているかもしれないので[出荷不可一覧]を行う→コチラ



これで出荷実績反映は完了です




図①の操作手順・・・出荷不可一覧


出荷不可一覧とは、楽天スーパーロジに出荷依頼をしたものの、何らかの理由で出荷できなかった情報の一覧です。




【本システム画面】

[出荷不可一覧をダウンロード]

    

CSVファイルで取得できます

※出荷不可一覧は1度だけダウンロードできます。再度ダウンロードが必要になった際には[ダウンロード]>[ダウンロード履歴]から取得してください。


    ↓

その後の処理はコチラ



出荷不可一覧の取得は以上です。





対応1の操作手順・・・再度[出荷依頼登録]をする








対応2の操作手順・・・出荷キャンセル





図②の操作手順・・・出荷キャンセル


出荷キャンセルとは、本システムでキャンセルした受注を楽天スーパーロジに通知する機能です。

ただし、楽天スーパーロジで出荷不可になった伝票が対象のため、楽天スーパーロジで出荷不可になっていない伝票は
出荷キャンセルではキャンセルできません。



【本システム画面】

1:[伝票番号]の欄にキャンセルした伝票の伝票番号を入力
※複数ある場合は改行して入力してください

2:[楽天スーパーロジへ出荷キャンセルを依頼]

    ↓

その後の処理はコチラ

これで出荷キャンセルは完了です


受注伝票の一括キャンセルを行う ※本稼働に向けて、テスト受注だけをキャンセルしてください。




  
例)受注伝票を一括キャンセルする場合

【本システム画面】

1:更新を行う項目:[受注キャンセル]を選択

2:表示を行う項目:[受注状態]を含む任意の項目

3:[受注伝票検索画面を開く]

    


                          



[基本検索]

    

受注キャンセル区分:[0.有効な受注です]

    

[検索]

    



4:受注キャンセル:[5.都合によりキャンセル]

5:[置換]

6:受注キャンセル区分が全て[5.都合によりキャンセル]に置き換わる

    

[受注伝票を更新]

ワンポイントアドバイス
受注伝票一括更新は1回に操作できる伝票の上限が100件までです
100件以上の伝票を操作する場合は、同じ操作を繰り返し行ってください

受注伝票一括キャンセルは以上です


クイック棚卸を行う ※本稼働に向けて正しい在庫数を登録します。

重要ご注意ください

1)棚卸処理の最中は在庫変動に関わる全ての業務が停止します。
2)棚卸処理の最中は受注メールの取込は行いますが、本システムからエンドユーザー様へのメール送信は停止します。
3)お客様からのお問い合わせに対応できるように棚卸中でも受注伝票の操作は可能になっておりますが、在庫数に変動がある操作は行わないようご注意ください。
4)棚卸処理の最中は「売上返品処理」「出荷確定戻し処理」など在庫が増える処理も行う事ができます。
  ※変動量を個別に記録しておき、棚卸終了後に手動で在庫調整を行ってください。
5)棚卸処理の最中は全てのユーザーが棚卸モードになります。
6)商品区分が「受注発注」の商品は棚卸の対象外になります。
7)棚卸対象商品が「納品書印刷済」の伝票に含まれている場合、棚卸確定処理後、伝票のステータスが「納品書印刷待ち」に変更されます。

機能概要




1)商品コードと在庫数量が入ったCSV データを作成


商品コードの先頭に「0」がはいっている場合は、シングルクォテーションマーク[Shift+7]を押してから続けて入力していただくと、先頭の0 は消えません。

                   

2)作成したデータを保存

※名前を付けて保存にするとき、「CSV(カンマ区切り)」で保存

 ※ファイル名は、クイック棚卸データをアップロードする「日付け」で登録
例:2010 月2 月10 日にデータアップロードをするファイルなら・・20100210.csv








【本システム画面】

表示される注意事項を確認

    

チェックボックスにチェック

     

[棚卸開始]

     

※ご注意ください※

棚卸開始ボタンを押した後は、棚卸中となり、受注メール取込以外の機能は動きません。(在庫連動もストップします)
棚卸を中断する場合は[棚卸中断]ボタンを押してください。






状態が全て[完了]になるまでお待ちください

     


                    



[完了]になったら[一括登録]

    

[クイック棚卸リスト一括登録]

    




※自動実行処理状態が、すべて完了になるまで次に進まないでください。

画面の更新は自動ではありませんので適宜[最新の棚卸状態に更新]ボタンを押してください。



1:
クイック棚卸ファイルのテンプレートをダウンロード

    

ファイルを作成

    

2:[ファイルを選択]から作成したファイルを選択

3:[棚卸リストファイルをアップロード]

    

重要ここで注意!必ず成功の可否を確認してください!





■成功の場合■


ファイルをアップロードした後は、必ず画面下部の
[入力結果]をご覧ください。

正しいファイルを取り込んだ場合、処理内容が表示されます。





■失敗の場合■

間違ったファイルを取り込んだ場合、エラーが表示されます。


重要エラーが表示された場合はエラーを修正後、先に進んでください。







アップロード後に[棚卸確定]をクリック

         





(この画面は必ずしも表示されるわけではありません。この画面が表示されなかったら前に進んでください)

[引当回収を予約登録](この処理で、現在の受注伝票上の引当済み数を一旦クリアします。)

        








状態が完了になるまでお待ちください。

※[リストを最新の状態に更新]ボタンを押すことで、画面表示を更新できます。


        










状態が完了になりましたら[棚卸数を確定]
(この処理で、在庫データの更新と、新しい在庫数での引き当て処理を行います。)

          









状態がすべて「完了」になるまでお待ちください。

(画面の更新は[リストを更新の状態に更新]を押してください。)

            

状態がすべて「完了」になりましたら、右下の[棚卸完了]

            





 



[OK]

    
                    








[通常メニューに戻る]

クイック棚卸は以上です。