倉庫連携‎ > ‎

発注から仕入まで

発注から仕入まで【205-2】

発注データをロジザードプラスに取り込む

この設定は何のためでしょうか?

本システムで発注した商品の情報をロジザードプラスの入荷予定データとして取り込むためです。
https://sites.google.com/a/next-engine.info/manual/205/205-2

(上図2の)操作手順


 【本システム画面】 

発注書を作成

        ↓

発注書をダウンロード


        







【本システム画面】

出力するデータの条件を設定

        

[入荷予定データCSVをダウンロード]

        

                    


出力したファイルをロジザードプラスに取り込む

※ロジザードプラスの操作方法はロジザード様へお問い合わせください。 



                    

ロジザードプラスに入荷予定データが取り込まれます。




仕入データを本システムに取り込む

発注した商品が届き、ロジザードプラスに仕入されました。その情報を本システムに反映させます。

本システムで発注伝票を作成していない商品が入荷実績データに含まれている場合でも、仕入伝票の作成と入庫は行われます。
https://sites.google.com/a/next-engine.info/manual/205/205-2

(上図4の)操作手順


ロジザードプラス画面】 

ロジザードプラスから入荷実績データをダウンロード

 
ロジザードプラスの操作方法、及び出力項目に関してはロジザード様へお問い合わせください。


        



 






【本システム画面】

5:[ファイルを選択]

6:[入荷実績データCSVをアップロード]




                    

本システムに仕入伝票が作成され、在庫が入庫されます。

重要
ご注意ください!

本システムの商品区分が[受注発注]の商品には、入荷実績アップロードで在庫を入れることはできません。

必ず強制引当処理で引当をおこなってください。