発注仕入‎ > ‎

発注残の消込(発注書ベースと商品ベース仕入の違い)

発注残の消込(発注書ベースと商品ベース仕入の違い)【162-7】

発注残は仕入れを行うことで消すことができます。仕入れの方法は2種類あります。

仕入れは[発注書ベース]と[商品ベース]の2種類です。どちらを選択するかによって、注残の消し込み方が異なります。









 ※仕入伝票起票の手順は以下のマニュアルをご参照ください。


※仕入伝票起票の手順は以下のマニュアルをご参照ください。









■■発注書ベースの仕入れの場合■■

1:[設定]>[基本]>[企業]>[仕入登録方法]は
[発注書ベース固定仕入入力]を選択

2:マニュアルの手順通りに仕入れ

3:仕入れ時に呼び出した発注書に仕入れを行います。
■■商品ベースの仕入れの場合■■

1:[設定]>[基本]>[企業]>[仕入登録方法]は
[発注書別、商品別仕入入力]を選択

2:マニュアルの手順通りに仕入れ

3:該当商品が含まれる一番古い発注書に仕入れを行います。