棚卸‎ > ‎

154-13

棚卸リストの登録【154-13】


 在庫数を数えて、直接本システムに入力して棚卸を行う方法です。        


※仕入先1つに対して商品数が1万件を超える場合は、問題が起こる可能性があるため、コチラの方法で棚卸を行って下さい。

操作手順1:棚卸方法の選択




【本システム画面】

[棚卸リストを入力]を選択

    ↓





[棚卸対象を確定してリストを作成]



    ↓





『リスト作成に成功しました。』と出るので、[OK]を選択
※お使いのブラウザによって左図が出ないこともあります。

    ↓


操作手順2:棚卸リストの登録




【本システム画面】

[登録]


    ↓       


[棚卸リスト登録]



    ↓           



仕入先を選び、[棚卸リストを表示]をクリック



    ↓



別ウィンドウで『棚卸リスト登録』が開きます



棚卸リスト登録画面

[1回目の確認数]に棚卸で数えた数を入力していきます。
※1回目の確認数への入力は必須です

    ↓       


入力し終わったら[棚卸リストを登録]をクリック
※[自由記述欄]は任意でご入力が可能です。

ワンポイントアドバイス
  入力補助について  

左図の青い枠で囲まれた、入力補助機能をぜひご活用ください。


1回目の確認数の空欄に一括で0を入力します。
※対象が空欄である必要があります。


在庫数の数字をクリックすることで、在庫数と同じ数を確認数に入力します。
※対象が空欄である必要があります。


商品コードまたはJANコードを入力し、確認数に数字を入力して[確認リストに追加+]を押すと、該当の商品の1回目の確認数に数字が入力されます。既に数字が入力されていた場合は、上書きします。

※こんな使い方もあります。
同じ仕入先かつ、棚卸リストにない商品コードもしくはJANコードが入力されている状態で[確認リストに追加+]を押した場合、新たに棚卸リストにその商品が追加されます。


    ↓       


『入力された数字を棚卸リストに登録します。よろしいですか?』とでるので、問題なければ[OK]をクリック




    ↓  


棚卸リスト登録画面』が閉じます

仕入先が複数ある場合、同様に操作手順:2を繰り返し、
棚卸リストの登録を行って下さい。

操作手順3:登録した棚卸リストの確認






画面下部で棚卸リストの登録状況を確認することが出来ます。

【タグの説明】

 ・・・棚卸リストが1度でも登録されるとこのタグが付きます。

 ・・・1度も登録されていない棚卸リストに、このタグが付きます。

 ・・・1回目の棚卸リストの登録の際に、在庫数と入力した確認数に差異があった場合に、このタグが付きます。
2回目の確認数を登録すると、このタグは消えます。2回目の確認数と在庫数に差異があってもこのタグは付きません。

棚卸リストの登録は以上です。

1回目の棚卸リストの登録を完了させたら、貴社の運用方法に沿って、以下の3種類の操作方法のいずれかご選択ください。


https://sites.google.com/a/next-engine.info/manual/154/154-14
1回目の確認数と在庫数に差異があった商品のみ、もう一度確認を行いたい場合

https://sites.google.com/a/next-engine.info/manual/154/154-15
1回目の確認数と在庫数の差異の有無に関係なく、2回目の確認数を入力したい場合(棚卸リストの修正機能を使用します)


https://sites.google.com/a/next-engine.info/manual/140/154-10
これ以上の確認や修正を行わず棚卸の確定をしたい場合
※棚卸を確定した場合、本システムに反映される数は以下のとおりです。
・2回目の確認数が入っている場合→2回目の確認数が在庫数に上書きされます。
・2回目の確認数が入っていない場合→1回目の確認数が在庫数に上書きされます。