その他‎ > ‎

規定値設定一覧

規定値設定一覧【140-17】



規定値の項目 内容
発送方法が無い場合は佐川急便e飛伝Proにする。 受注を本システムに取り込んだ際に、発送方法が指定されていない場合は、受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を佐川急便e飛伝Proにする。
発送方法が無い場合は佐川急便e飛伝2にする。 受注を本システムに取り込んだ際に、発送方法が指定されていない場合は、受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を佐川急便e飛伝2にする。
発送方法が無い場合は佐川急便e飛伝にする。 受注を本システムに取り込んだ際に、発送方法が指定されていない場合は、受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を佐川急便e飛伝にする。
発送方法が無い場合は佐川メール便(e飛伝Pro)にする。 受注を本システムに取り込んだ際に、発送方法が指定されていない場合は、受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を佐川メール便(e飛伝Pro)にする。
発送方法が無い場合は佐川メール便(e飛伝)にする。 受注を本システムに取り込んだ際に、発送方法が指定されていない場合は、受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を佐川メール便(e飛伝)にする。
発送方法が無い場合は佐川メール便(e飛伝2)にする。 受注を本システムに取り込んだ際に、発送方法が指定されていない場合は、受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を佐川メール便(e飛伝2)にする。
発送方法が無い場合はヤマト運輸B2v5にする。 受注を本システムに取り込んだ際に、発送方法が指定されていない場合は、受注伝票の『送り先情報』内の発送方法をヤマト運輸B2v5にする。
発送方法が無い場合はヤマト運輸B2v6にする。 受注を本システムに取り込んだ際に、発送方法が指定されていない場合は、受注伝票の『送り先情報』内の発送方法をヤマト運輸B2v6にする。
発送方法が無い場合はヤマト(DM便)B2v6にする。 受注を本システムに取り込んだ際に、発送方法が指定されていない場合は、受注伝票の『送り先情報』内の発送方法をヤマト(DM便)B2v6にする。
発送方法が無い場合はヤマト(メール速達)B2v6にする。 受注を本システムに取り込んだ際に、発送方法が指定されていない場合は、受注伝票の『送り先情報』内の発送方法をヤマト(メール速達)B2v6にする。
発送方法が無い場合はヤマト(DM便)B2v5にする。 受注を本システムに取り込んだ際に、発送方法が指定されていない場合は、受注伝票の『送り先情報』内の発送方法をヤマト(DM便)B2v5にする。
発送方法が無い場合はヤマト(ネコポス)にする。 受注を本システムに取り込んだ際に、発送方法が指定されていない場合は、受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を固定でヤマト(ネコポス)にする。
発送方法が無い場合はヤマト(メール速達)B2v5にする。 受注を本システムに取り込んだ際に、発送方法が指定されていない場合は、受注伝票の『送り先情報』内の発送方法をヤマト(メール速達)B2v5にする。
発送方法が無い場合は日本通運にする。 受注を本システムに取り込んだ際に、発送方法が指定されていない場合は、受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を日本通運にする。
発送方法が無い場合は西濃運輸にする。 受注を本システムに取り込んだ際に、発送方法が指定されていない場合は、受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を西濃運輸にする。
発送方法が無い場合は福山通運にする。 受注を本システムに取り込んだ際に、発送方法が指定されていない場合は、受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を福山通運にする。
発送方法が無い場合はゆうパックにする。 受注を本システムに取り込んだ際に、発送方法が指定されていない場合は、受注伝票の『送り先情報』内の発送方法をゆうパックにする。
発送方法が無い場合はレターパック350にする。 受注を本システムに取り込んだ際に、発送方法が指定されていない場合は、受注伝票の『送り先情報』内の発送方法をレターパック350にする。
発送方法が無い場合はエクスパック500にする。 受注を本システムに取り込んだ際に、発送方法が指定されていない場合は、受注伝票の『送り先情報』内の発送方法をエクスパック500にする。
発送方法が無い場合は定形外郵便(代引)にする。 受注を本システムに取り込んだ際に、発送方法が指定されていない場合は、受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を定形外郵便(代引)にする。
発送方法が無い場合はエコ配にする。 受注を本システムに取り込んだ際に、発送方法が指定されていない場合は、受注伝票の『送り先情報』内の発送方法をエコ配にする。
発送方法が無い場合は伝助にする。 受注を本システムに取り込んだ際に、発送方法が指定されていない場合は、受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を伝助にする。
発送方法が無い場合はAir Mailにする。 受注を本システムに取り込んだ際に、発送方法が指定されていない場合は、受注伝票の『送り先情報』内の発送方法をAir Mailにする。
発送方法が無い場合はEMSにする。 受注を本システムに取り込んだ際に、発送方法が指定されていない場合は、受注伝票の『送り先情報』内の発送方法をEMSにする。
発送方法が無い場合は店頭渡しにする。 受注を本システムに取り込んだ際に、発送方法が指定されていない場合は、受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を店頭渡しにする。
発送方法が無い場合はメーカー直送にする。 受注を本システムに取り込んだ際に、発送方法が指定されていない場合は、受注伝票の『送り先情報』内の発送方法をメーカー直送にする。
発送方法が無い場合は楽天国際配送にする。 受注を本システムに取り込んだ際に、発送方法が指定されていない場合は、受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を楽天国際配送にする。
発送方法が無い場合は海外発送にする。 受注を本システムに取り込んだ際に、発送方法が指定されていない場合は、受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を海外発送にする。
固定で冷凍にする。(佐川急便、ヤマト運輸)  受注伝票の『送り先情報』内の温度を冷凍にする。(佐川急便、ヤマト運輸)
固定で冷蔵にする。(佐川急便、ヤマト運輸)  受注伝票の『送り先情報』内の温度を冷蔵にする。(佐川急便、ヤマト運輸)
発送方法を固定で佐川急便e飛伝Proにする。 受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を固定で佐川急便e飛伝Proにする。
発送方法を固定で佐川急便e飛伝2にする。 受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を固定で佐川急便e飛伝2にする。
発送方法を固定で佐川急便e飛伝にする。 受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を固定で佐川急便e飛伝にする。
発送方法を固定で佐川メール便(e飛伝PRO)にする。 受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を固定で佐川メール便(e飛伝PRO)にする。
発送方法を固定で佐川メール便(e飛伝)にする。 受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を固定で佐川メール便(e飛伝)にする。
発送方法を固定で佐川メール便(e飛伝2)にする。 受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を固定で佐川メール便(e飛伝2)にする。
発送方法を固定でヤマト運輸B2v6にする。 受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を固定でヤマト運輸B2v6にする。
発送方法を固定でヤマト運輸B2v5にする。 受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を固定でヤマト運輸B2v5にする。
発送方法を固定でヤマト運輸(メール速達)B2v6にする。 受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を固定でヤマト運輸(メール速達)B2v6にする。
発送方法を固定でヤマト(DM便)B2v5にする。 受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を固定でヤマト(DM便)B2v5にする。
発送方法を固定でヤマト運輸(メール速達)B2v5にする。 受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を固定でヤマト運輸(メール速達)B2v5にする。
発送方法を固定で日本通運にする。 受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を固定で日本通運にする。
発送方法を固定で福山通運にする。 受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を固定で福山通運にする。
発送方法を固定で西濃運輸にする。 受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を固定で西濃運輸にする。
発送方法を固定でゆうパックにする。 受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を固定でゆうパックにする。
発送方法を固定でレターパック350にする。 受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を固定でレターパック350にする。
発送方法を固定でエクスパック500にする。 受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を固定でエクスパック500にする。
発送方法を固定で定形外郵便(代引)にする。 受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を固定で定形外郵便(代引)にする。
発送方法を固定で定形外郵便にする。 受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を固定で定形外郵便にする。
発送方法を固定でエコ配にする。 受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を固定でエコ配にする。
発送方法を固定でヤマト(DM便)B2v6にする。 受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を固定でヤマト(DM便)B2v6にする。
発送方法を固定でヤマト(ネコポス)にする。 受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を固定でヤマト(ネコポス)にする。
発送方法を固定で伝助にする。 受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を固定で伝助にする。
発送方法を固定でAir Mailにする。 受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を固定でAir Mailにする。
発送方法を固定でEMSにする。 受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を固定でEMSにする。
発送方法を固定で店頭渡しにする。 受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を固定で店頭渡しにする。
発送方法を固定でメーカー直送にする。 受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を固定でメーカー直送にする。
発送方法を固定で楽天国際配送にする。 受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を固定で楽天国際配送にする。
発送方法を固定で海外発送にする。 受注伝票の『送り先情報』内の発送方法を固定で海外発送にする。
商品マスタの商品名に変更する。 受注伝票の受注伝票明細内の商品名を、本システムに登録されている商品マスタの商品名に変更する。
佐川急便(e飛伝PRO、e飛伝2)の場合、シールに「取扱注意」を必ず入れる。 発送方法に佐川急便(e飛伝PRO、e飛伝2)が設定されていた場合、シールに「取扱注意」を追加する。
商品コードに空白が入っていたら取り除く。 商品コードにスペースが入っていた場合、取り除く。
商品名の【】で囲まれた文字を【】ごと取り除く。 商品名に【】が入っていた場合は、【】と【】で囲われている文言を取り除く。
商品名の【以降の文字を削除する。 商品名に「【」が入っていた場合、「【」を含むそれ以降の文字を取り除く。
佐川急便の時間帯指定が「指定なし」「午前」「12時-14時」の場合ゆうパックに変更する。 発送方法が佐川急便のもので、時間帯指定が「指定なし」「午前」「12時-14時」の場合、発送方法をゆうパックに変更する。
購入者と送り先の名前が違った場合にギフトを「有り」にする。 購入者情報の購入者名と、送り先情報の送り先名が一致していない場合、ギフトを「有り」にする。
顧客区分を「卸」にする。 顧客区分を必ず「卸」にする。
商品コードから先頭の「col(半角数字)-」を削除します。 商品コードの先頭に「col」と半角数字(0~9)と半角ハイフン(-)があった場合、取り除く。
(例)col1234-ABC → ABC
ピッキング指示に「インボイスを外側に貼ってください。」を入れる。 ピッキング指示に必ず「インボイスを外側に貼ってください。」という文言を入れる。
【DeNAショッピング専用】郵便番号と住所を分離する。 DeNAの受注CSVデータ内の「住所」の先頭8文字を、受注伝票の郵便番号へ反映する。(ハイフンを取り除く)
【DeNAショッピング専用】商品名を変換する。 受注明細の商品名を、モール商品データに登録されている商品名に変換する。
【Shopserve2専用】商品名から商品オプションを切り離す。 Shopserve2からの受注データ内の「商品名」の『/』までの値を受注伝票の商品名に反映し、『/』以降の値を受注伝票の商品opに反映する。
【Shopserve2専用】支払方法が代金引換以外で、商品計が1251円未満の場合はヤマト運輸(メール便)にする。 Shopserve2からの受注に限り、支払方法が「代金引換」以外で商品計が1251円未満の場合は発送方法をヤマト運輸(メール便)にする。
【Shopserve2専用】日付の形式をmm/ddからyyyy/mm/ddに変換する。 Shopserve2からの受注に限り、日付の形式をyyyy/mm/ddにする。(例:2014/10/20など)
あす楽利用の受注の場合、ピッキング指示に「あす楽です。」を入れる。 あす楽を利用している受注の場合、ピッキング指示欄に「あす楽です。」という文言をいれる。
【楽天オークション専用】作業用欄の内容を備考にも入れる。 受注番号の末尾が「-a」の受注に限り、作業用欄の内容を備考に追加する形で反映する。
【楽天オークション専用】発送代で発送方法を自動決定する。 受注番号の末尾が「-a」の受注に限り、受注伝票の発送代が190円の場合、発送方法コード41の発送方法に、505円の場合、発送方法コード40の発送方法に、それ以外の場合、発送方法コード10の発送方法に自動的に設定する。
【storeMix専用】モールの商品データから商品コードを変換する。 出店モール:電脳卸からの受注に限り、商品名をモール商品データに登録されている商品名に変換する。
【storeMix専用】送り先情報無い場合、購入者情報を入れる。 出店モール:電脳卸からの受注に限り、送り先情報がない場合、購入者情報を送り先情報に反映する。
【海外サイト専用】購入者郵便番号に空白を入れる。 海外サイトからの受注に限り、購入者郵便番号に空白を入れる。
【海外サイト専用】送り先郵便番号に空白を入れる。 海外サイトからの受注に限り、送り先郵便番号に空白を入れる。