その他‎ > ‎

備考欄変換設定一覧

備考欄変換設定一覧【140-15】


※時間帯コードについて



時間帯コード
変換後の項目
内容
01 佐川急便時間帯[午前中] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を[午前中]にします。
12 佐川急便時間帯[12時~14時] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を[12時~14時]にします。
14 佐川急便時間帯[14時~16時] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を[14時~16時]にします。
16 佐川急便時間帯[16時~18時] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を[16時~18時]にします。
04 佐川急便時間帯[18時~21時] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を[18時~21時]にします。
18 佐川急便時間帯[18時~20時] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を[18時~20時]にします。
19 佐川急便時間帯[19時~21時] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を[19時~21時]にします。
0812 ヤマト運輸時間帯[午前中] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を[午前中]にします。
1214 ヤマト運輸時間帯[12時~14時] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を[12時~14時]にします。
1416 ヤマト運輸時間帯[14時~16時] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を[14時~16時]にします。
1618 ヤマト運輸時間帯[16時~18時] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を[16時~18時]にします。
1820 ヤマト運輸時間帯[18時~20時] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を[18時~20時]にします。
2021 ヤマト運輸時間帯[20時~21時] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を[20時~21時]にします。時間帯コードは2021です。
0010 ヤマト運輸時間帯[午前10時まで] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を[午前10時まで]にします。
0017 ヤマト運輸時間帯[午前17時まで] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を[午前17時まで]にします。
60 日本通運または,ゆうパック時間帯[午前中] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を[午前中]にします。
62 日本通運または,ゆうパック時間帯[12時~14時] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を[12時~14時]にします。
63 日本通運または,ゆうパック時間帯[14時~16時] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を[14時~16時]にします。
64 日本通運または,ゆうパック時間帯[16時~18時] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を[16時~18時]にします。
65 日本通運または,ゆうパック時間帯[18時~20時] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を[18時~20時]にします。
66 日本通運または,ゆうパック時間帯[20時~21時] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を[20時~21時]にします。
1 西濃運輸時間帯[午前中]または,ゆうパック時間帯[旧午後①(12~14時)] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を西濃運輸の場合は[午前中]、ゆうパックの場合は[旧午後①(12~14時)]にします。
2 西濃運輸時間帯[午後]または,ゆうパック時間帯[旧午後②(14~17時)] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を西濃運輸の場合は[午後]、ゆうパックの場合は[旧午後②(14~17時)]にします。
0 ゆうパック時間帯[旧午前(9~12時)]または西濃運輸時間帯[当日中] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を西濃運輸の場合は[当日中]、ゆうパックの場合は[旧午前(9~12時)]にします。
1 ゆうパック時間帯[旧午後①(12~14時)]または西濃運輸時間帯[午前中] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を西濃運輸の場合は[午前中]、ゆうパックの場合は[旧午後①(12~14時)]にします。
2 ゆうパック時間帯[旧午後②(14~17時)]または西濃運輸時間帯[午後] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を西濃運輸の場合は[午後]、ゆうパックの場合は[旧午後②(14~17時)]にします。
3 ゆうパック時間帯[旧夕方(17~19時)] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を[旧夕方(17~19時)]にします。
4 ゆうパック時間帯[旧夜間(19~21時)] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を[旧夜間(19~21時)]にします。
110 福山通運時間帯[10時~12時] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を[10時~12時]にします。
112 福山通運時間帯[12時~14時] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を[12時~14時]にします。
114 福山通運時間帯[14時~16時] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を[14時~16時]にします。
116 福山通運時間帯[16時~18時] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を[16時~18時]にします。
118 福山通運時間帯[18時~20時] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を[18時~20時]にします。
130 福山通運時間帯[AM指定] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を[AM指定]にします。時間帯
132 福山通運時間帯[PM指定] 受注伝票の送り先情報の『時間指定』を[PM指定]にします。時間帯


変換後の項目
内容
配達希望日への反映 受注伝票の送り先情報の『配達希望日』に備考欄に記載されている日時を反映します。
配達希望日への反映(楽天ver) 受注伝票の送り先情報の『配達希望日』に備考欄に記載されている日時を反映します。(楽天用です)
「備考欄」に『[配送日時指定:]
YYYY-MM-DD(曜日)』もしくは『[配送日時指定:]YYYY年MM月DD日』という形式の文言があった場合にのみ、配送希望日へ反映されます。
<例>
『[配送日時指定:]
2014-12-01(月)』という文言が備考欄にあった場合は、2014年12月1日が配送希望日へ反映されます。
購入者フリガナへの反映 受注伝票の購入者情報の『フリガナ』に上書きする形で反映します。
お送り先フリガナへの反映 受注伝票の送り先情報の『フリガナ』に上書きする形で反映します。
支払区分への反映 受注伝票の請求情報内の『支払区分』に上書きする形で反映します。
承認番号への格納 受注伝票の請求情報内の『承認番号』に上書きする形で反映します。
ピッキング指示への反映 受注伝票の『ピッキング指示』に上書きする形で反映します。
納品書特記事項への反映 受注伝票の『納品書特記事項』に上書きする形で反映します。
作業用欄への反映(追記)
受注伝票の『作業用欄』に追記する形で反映します。
納品書特記事項への反映(ギフトの時は反映しません) 下記条件の①②③を満たしている場合に受注伝票の『納品書特記事項』に上書きする形で反映します。
①送り先情報のギフトが『0:無し』になっている
②購入者住所、氏名と送り先住所氏名が一致していてる
③支払い方法に「1:代金引換」以外が選択されている。
納品書特記事項への反映(承認番号は反映しません) 備考欄に下記文言のいずれかが入っていた場合、その中の○○○○○○を「納品書特記事項」に上書きする形で反映します。
①クレジットカード取引ID: ○○○○○○ 支払い方法: 一括払い
②Credit Card Order ID: ○○○○○○ Payment Method: one shot payment
③クレジットカード取引ID: ○○○○○○ 支払い方法: 一括払い
クレジット名義人への反映 受注伝票の請求情報の『名義人』に上書きする形で反映します。
指定した文字が存在した時にその文字を作業用欄へ反映 変換前で指定した文字が備考欄内にある場合、その文字を受注伝票の『作業用欄』に上書きする形で反映します。
指定した文字が存在した時にその文字をピッキング指示へ反映 変換前で指定した文字が備考欄内にある場合、その文字を受注伝票の『ピッキング指示』に上書きする形で反映します。
指定した文字が存在した時にその文字を納品書特記事項へ反映
変換前で指定した文字が備考欄内にある場合、その文字を受注伝票の『作業用欄』に上書きする形で反映します。
指定した文字が存在した時にその文字を発送伝票備考欄へ反映 変換前で指定した文字が備考欄内にある場合、その文字を受注伝票の送り先情報の『発送伝票番号』に上書きする形で反映します。
作業用欄への反映(上書き) 受注伝票の『作業用欄』に上書きする形で反映します。
一言メモへ追記 受注伝票の『一言メモ』に追記する形で反映します。
メッセージへ追記 受注伝票の『メッセージ』に追記する形で反映します。
のしへ追記 受注伝票の『のし』に追記する形で反映します。
ラッピングへ追記 受注伝票の『ラッピング』に追記する形で反映します。
オプション1へ追記 受注伝票の『オプション1』に追記する形で反映します。
オプション2へ追記 受注伝票の『オプション2』に追記する形で反映します。
オプション3へ追記 受注伝票の『オプション3』に追記する形で反映します。
オプション4へ追記 受注伝票の『オプション4』に追記する形で反映します。
オプション5へ追記 受注伝票の『オプション5』に追記する形で反映します。
オプション6へ追記 受注伝票の『オプション6』に追記する形で反映します。
オプション7へ追記 受注伝票の『オプション7』に追記する形で反映します。
オプション8へ追記 受注伝票の『オプション8』に追記する形で反映します。
オプション9へ追記 受注伝票の『オプション9』に追記する形で反映します。
オプション10へ追記 受注伝票の『オプション10』に追記する形で反映します。
発送方法が定形外郵便以外の場合は、左の項目で指定した文字を消す。 発送方法が定形外郵便以外の場合、備考欄内の指定した文字を削除します。

『時間帯コード』について

 時間帯コードとは、送り状ソフトに取り込む際の時間指定などで使用するコードです。
 本システム内部で出力するコードですので、受注伝票上からは確認できません。
 また、ここで記載されている時間帯コードは初期値でのコードになります。