決済‎ > ‎

支払方法別手数料設定

支払方法別手数料設定【181】

支払方法や金額別に本システムが手数料を計算する機能です。

この設定においては以下の点にご注意ください。
受注一括登録受注伝票有効化、受注API取込み時のみに機能し、受注伝票を手起票、複写分割した場合には機能しません。 
・置換・加算する金額を%で指定することはできません
・複数配送受注では機能しません 

操作手順




【本システム画面】

1:店舗を選択

2:[入力欄を追加]

    ↓

手数料金額の変換内容を設定

3:支払方法を選択

4:商品計、または総合計を選択



5:金額を入力  

6:プルダウンから選択

7:プルダウンから選択 

8:金額を入力

9:プルダウンから選択

10:置換、または加算を選択

11:[金額変換方法を登録]                  

ワンポイントアドバイス
~設定内容を削除する場合~
削除する支払方法の行の2か所の金額指定欄をブランクにし、登録すれば削除可能です。


重要ご注意ください!


設定する金額に対して、当てはまる条件が複数にならないように登録をお願いいたします。

以下のような設定は、機能がうまく動作しない原因になりますのでお気を付けください。






例)商品合計が1000円以上で315円、2000円以上で420円の手数料がかかる場合の設定を以下のように行った場合・・・                                      




商品合計が2000円のとき、の両方に当てはまってしまう為、本機能がうまく動作しません。
※手数料が735円になってしまいます。




商品合計が1500円のときに、の両方に当てはまってしまう為、本機能がうまく動作しません。
※手数料が630円になってしまいます。







例)商品合計が1000円以上で105円、2000円以上で315円、3000円以上で420円の手数料がかかる場合の設定です。 

  ※設定方法は2種類あります。どちらか片方をお選びください。 


<設定方法1>

商品合計が1000円の場合、にだけ当てはまるので手数料に105円加算されます。

商品合計が2000円の場合、に当てはまるので、105円+210円=合計315円の手数料が加算されます。

商品合計が3000円の場合、全ての設定に当てはまるので、105円+210円+105円で合計420円の手数料を加算します。

このように、商品合計別の手数料の差額を設定することで本機能を活用することができます。        



<設定方法2>


商品合計が1000~1999円以下の場合、に当てはまるので手数料を105円で置換えます。

商品合計が2000~2999円以下の場合、に当てはまるので、手数料を315円で置換えます。

商品合計が3000円以上の場合、に当てはまるので、手数料を420円で置換えます。

ワンポイントアドバイス
~[加算]と[置換]の違い~

加算・・・本機能で算出された金額を、受注伝票の[手数料,送料,ポイント,その他]のいずれかに加算します。

置換・・・本機能で算出された金額で、受注伝票の[手数料,送料,ポイント,その他]のいずれかを置き換えます。